マーケティングオートメーションが注目を集める理由は、顧客の商品購入プロセスの変化

インターネットが顧客の商品購入プロセスに変化をもたらした

インターネットが登場する前は、顧客は営業と会って会話をすることでしか、購入対象商品の情報を得る方法がありませんでした。そのため、顧客は各社の営業と会い、会話を通じて商品の情報を収集し、購入する商品を決めていきました。だが、インターネットの発展が顧客の商品購入プロセスに変化をもたらしました。顧客は、事前にWebサイトを閲覧して情報を収集し、購入候補の商品を絞り込んだ後で各社の営業と会うようになったのです。とある調査では、顧客は営業担当者にアポイントを取る前の段階で、購買プロセスの約60パーセントを終えていると指摘しています。予め顧客に自社の商品を認知してもらうことができなければ、購入検討の対象にすらならなくなったのです。

マーケティングオートメーションで関心の高い顧客を見つける

「営業は足で稼げ」と言われたように、営業はひたすら顧客に接触することで売上につなげていました。しかし、顧客がWebサイトで事前に情報を収集するようになったため、営業は足で稼ぐことが難しくなったのです。このため、顧客の商品購入プロセスの変化に合わせ、企業も営業プロセスの見直しが必要です。ポイントは「Webなどの情報で高い興味や関心を持った顧客を、いかに商談につなげるか」という点です。ここで役に立つのがマーケティングオートメーションです。マーケティングオートメーションには、顧客の興味や関心に応じて点数をつけるスコアリング機能があります。この機能により、一定のスコア以上であったら興味や関心が高い顧客と判断しリストアップすることができます。このように、マーケティングオートメーションは顧客の商品購入プロセスが変化した中で、関心の高い顧客を商談につなげることに役立つツールとして注目を集めています。

マーケティングオートメーションが注目を集める一方で、「なぜマーケティングオートメーションが注目を集めているの?」「マーケティングオートメーションを導入するメリットは何?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか?この記事では「マーケティングオートメーションが注目を集める背景」と「マーケティングオートメーションの導入メリット」について紹介します。

マーケティングオートメーションが注目を集める理由

マーケティングオートメーションの導入メリット